RPAソリューション

日本は超高齢社会に突入し、労働人口の減少とともに労働生産性の低下は企業としては早急に解決すべき課題となっています。業務の生産性向上をうたうサービスは次々に登場し「RPA」というバズワードをよく耳にするようになりました。

HOYAサービスは急速に普及しつつあるRPAにいち早く取り組み、HOYAグループ各社での成功事例をソリューションとしてお客様にご提供いたします。

RPA(Robotic Process Automation)

 『RPA』とは、ルールエンジン・機械学習・人口知能などを活用し、ホワイトカラー業務を効率化・自動化する仕組みのことで、仮想知的労働者(Digital Labor)とも呼ばれます。キーボードやマウスの操作や画面上の情報を認識するような、人間と同じような操作をRPAで置き換えできるため、人に代わって業務を代行させることができます。

RPAの期待効果

RPA0

RPAは、経理、調達、人事などのホワイトカラー業務に適しています。人の判断を必要としない、定型、繰り返し業務であれば「シナリオ」を登録することで、ブラウザやクラウド、既存システムなどを横断して処理することが可能です。24時間365日、休憩なしで正確に稼働することができますので、人手による操作ミスを削減し品質向上につながります。また1人当たり人件費の1/10~1/3といった圧倒的に安いコストで稼働させることができるため、人は削減できたコストをその他の付加価値の高い業務へとシフトすることが可能となります。
 
「人でなければ実施できない仕事」と「人でなくとも実施可能な仕事」を明確にして役割分担することで必ず到来する人材不足時代に備えることができます。

RPA活用に適した業務と活用シーン

定型的に繰り返し行われる業務や、業務プロセスが標準化されプロセスの実行に3人以上必要になるような集中型の業務、またヒューマンエラーが発生しやすい業務などが適しています。

RPAと相性が良い業務例

RPA

紙データを扱う業務については別途OCR製品と組み合わせることで自動化は可能となります。
例外が多く人の判断を必要とするような業務は向きません。
具体的には
「注文書の受注管理システムへの転記作業」「外部システム(Webバンキングなど)から抽出したデータを基幹システム(ERP等)へ登録する作業」「開発物のテスト(データ登録、変更、削除など)作業」など、どの企業でも発生する財務/経理、人事などのバックオフィス業務のほか、顧客情報をシステムをまたがって使用する官公庁、小売、ヘルスケアなど幅広い領域で活用することができます。
RPAツールの種類

 

RPAツールは大きくは2つに分類することができます。

 

テンプレート型RPA 長所

・プログラミングが不要。GUI操作のみで簡単にシナリオが作成可能
・操作の自動記録が可能。人の操作を記録させシナリオに変換可能
・自動化できる対象アプリケーションが豊富。Windowsアプリケーションのほとんどを自動化できる(Excel、Word、Outlookなど)

・スモールスタート可能。クライアントPC1台からの導入が可能

短所 ・カスタマイズ(定形外な高度な処理)が難しい
開発型RPA 長所 ・Java、C#など汎用的プログラミング言語のAPIを使用できる
・プログラミングによるカスタマイズが可能であるため拡張性が高い
短所

・プログラミングスキルが必要
・維持・管理がしにくい(担当者異動で保守ができなくなるなど)

テンプレート型RPAツール「WinActor」

弊社はコスト、使いやすさで優れているテンプレート型RPAツール「WinActor」を取り扱っております。
様々なRPAツールが存在しますが、WinActorを弊社が選択する理由は以下です。
コスト

 RPA1-1

 

POINT
  • PC1台から導入可能。特別な環境を用意することなく普段お使いのWindowsPC上で動作させることができます
  • ライセンス価格が安い
    ライセンスは開発、実行の2種類あり要件に応じて選択できます 
  • システム間連携(データの受け渡しなど)を実現させたい場合、
    既存の業務プロセスやシステムに影響を与えることなく導入が可能です
使いやすさ
RPA2-1

 

POINT
  • WinActorはNTT研究所で誕生した純国産のRPAソリューションです
  • サポート体制は全国的に組織されており、純国産ならではの日本語でのサポート・マニュアル類も充実しているほか、海外拠点などへの対応として英語版もリリース予定です
  • サービスラインナップはデスクトップ版、サーバー版が存在しており用途によって選択可能であり、今後クラウド版の提供も予定されております

RPA導入・活用支援サービス

RPAの導入から活用まで幅広くサポートさせていただきます。

WinActorライセンス費用(税別/年間)

RPA3-3

  • 上記は保守料込の年額となります 
  • インストール端末ごとにどちらかのライセンス購入が必要です 
  • 翌年以降も同額が発生します 

 

WinActor導入・活用支援サービス

RPA4-1

弊社は7つのステップでご支援いたします。各サービスのサポート範囲は以下となります。

RPA5-1

※お客様のご用件に合わせて適宜アレンジメントさせていただくことも可能ですので、価格やサービスの詳細につきましては是非お問合せください。