RPA導入・活用支援サービス

日本は超高齢社会に突入し、労働人口の減少とともに労働生産性の低下は企業としては早急に解決すべき課題となっています。業務の生産性向上をうたうサービスは次々に登場し「RPA」というバズワードをよく耳にするようになりました。

HOYAデジタルソリューションズは急速に普及しつつあるRPAにいち早く取り組み、HOYAグループ各社での成功事例をサービスとしてお客様にご提供いたします。

RPA(Robotic Process Automation)

 『RPA』とは、ルールエンジン・機械学習・人口知能などを活用し、ホワイトカラー業務を効率化・自動化する仕組みのことで、仮想知的労働者(Digital Labor)とも呼ばれます。
キーボードやマウスの操作や画面上の情報を認識するような、人間と同じような操作をRPAで置き換えできるため、人に代わって業務を代行させることができます。

RPA活用に適した業務と活用シーン

定型的に繰り返し行われる業務や、業務プロセスが標準化されプロセスの実行に3人以上必要になるような
集中型の業務、またヒューマンエラーが発生しやすい業務などが適しています。

RPAと相性が良い業務例

RPA

 
紙データを扱う業務については別途OCR製品と組み合わせることで自動化は可能となります。
例外が多く人の判断を必要とするような業務は向きません。 
具体的には
「注文書の受注管理システムへの転記作業」「外部システム(Webバンキングなど)から抽出したデータを基幹システム(ERP等)へ登録する作業」「開発物のテスト(データ登録、変更、削除など)作業」など、どの企業でも発生する財務/経理、人事などのバックオフィス業務のほか、顧客情報をシステムをまたがって使用する官公庁、小売、ヘルスケアなど幅広い領域で活用することができます。
RPAの期待効果
 
RPAは、人の判断を必要としない、定型、繰り返し業務であれば、ブラウザ、既存システム、クラウドなどの横断処理が可能です。24時間365日、休憩なしで正確に稼働しますので、人手による操作ミスを削減し品質向上につながります。また1人当たり人件費の1/10~1/3といった圧倒的に安いコストで稼働させることができ、削減できたコストをその他の付加価値の高い業務へとシフトすることが可能となります。
 
 
 
 
 
「人でなければ実施できない仕事」と「人でなくとも実施可能な仕事」を明確にして
役割分担することで品質・業務スピードの向上を実現します。
RPAツールの種類

 

RPAツールは大きくは2つに分類することができます。

テンプレート型RPA

長所

・プログラミングが不要。GUI操作のみで簡単にシナリオが作成可能
・操作の自動記録が可能。人の操作を記録させシナリオに変換可能
・自動化できる対象アプリケーションが豊富。Windowsアプリケーションはほぼ可能
・スモールスタート可能。クライアントPC1台からの導入が可能

短所 ・カスタマイズ(定形外な高度な処理)が難しい
開発型RPA 長所 ・Java、C#など汎用的プログラミング言語のAPIを使用できる
・プログラミングによるカスタマイズが可能であるため拡張性が高い
短所

・プログラミングスキルが必要
・維持・管理がしにくい(担当者異動で保守ができなくなるなど)

 

「自社にはどのRPAツールが向いているのかが分からない」

といったお悩みをお持ちのお客様には各RPAツールの長所、短所を考慮し、

お客様の業務、ご要件にあわせた最適なRPAツールを選定させていただきます。

活用事例

|受注

 医療器メーカー:メールによる受注処理の自動化

【導入前】

  • Excelファイルが添付されたメールで受注(得意先別に様式は異なる)
  • Excelファイルを開き注文内容をERPシステムに転記入力
  • 入力ミスが発生していた

【RPA導入効果】

  • メール受信からERPシステムへの転記入力までの処理を自動化(FAX分をメールに移行することで完全自動化を実現)
  • 注文データとして要確認な注文など、処理のログを完了時にメールに添付して自動送信
  • 担当者はERPシステムで上記データのチェック処理にシフトできた
  • 作業時間を1/10に削減できた

|出荷

 製造業:輸出に必要な書類作成の自動化

【導入前】

  • フライト情報を各得意先に電話、メールで確認
  • 基幹システムにフライト情報を入力、期間システムおよびその他Webサイトから必要書類をダウンロード
  • 各書類の不足項目やフォーマットを手修正(この作業にかなり時間をかけていた)

【RPA導入効果】

  • 基幹システムから対象データを一括ダウンロード後、各必要書類を作成(不足項目やフォーマット修正も含む)処理を自動化
  • 他Webサイトからの必要書類ダウンロード処理を自動化
  • 作業時間を1/20に削減できた

|支払

 製造業:会計システムへの請求データ登録作業の自動化

【導入前】

  • Excelファイルが添付されたメールで請求データを受け取る
  • 受け取った請求データを請求管理システムに手入力
  • 請求管理システムから月次処理で会計システム連携用の請求データをエクスポート
  • 会計システムへインポート

【RPA導入効果】

  • メール受信から請求管理システムへのデータ登録を自動化
  • 請求管理システムからの月次処理を自動化
  • 会計システムへのインポート処理を自動化
  • 作業時間を1/10に削減できた

RPA導入・活用支援サービス

 

  • RPAの導入効果に確証がもてず導入を躊躇している
  • RPAを導入したが効果が出ていない
  • 活用、運用はベンダ任せにせず自社スタッフで実施していくための体制を組みたい
 
 
 当社では、お客様のニーズやご予算にあわせてRPAツールを問わず最適なサービスをご提案します。
 
 
 
弊社は7つのステップでご支援いたします。各サービスのサポート範囲は以下となります。
 
 
 
※お客様のご用件に合わせて適宜アレンジメントさせていただくことも可能ですので、
価格やサービスの詳細につきましては是非お問合せください。