保守サービス

医療機器業界向け保守サービス

HOYAグループでは生業であるガラス、光学機器の技術を基礎に医療用内視鏡などの医療機器分野、眼内レンズ、人工骨などの医療分野へと商品・サービスの高付加価値化を進めてきています。

HOYAサービスではHOYAグループ内業務で必要としているITシステム機能を開発、保守運用している経験・実績を元に医療機器メーカ様で必要なIT機能、サービスを提供させて頂いております。

医療機器向け保守サービス

医療機器の高精度化、精密化は更に加速してきていますが、精密化してきているゆえの補修、修理は避けられないと言えます。大型の機器もあり、引取り修理が出来ないため、現地にサービスマンが出向いての保守、修理への対応機能も必要となってきます。

また、1台1台のシリアルナンバー管理に加え、引取り修理の場合は代替機の貸し出しも必須と言えます。海外への機器販売がある場合は機器型式毎の販売承認国(エリア)の管理と共に、消耗品や補修部品の在庫・物流(向先)管理も厳密さを要します。

医療機器向け保守サービス

医療機器製造・販売業で必要となるサービス領域の機能

  • シリアルナンバー管理
  • 顧客資産(販売済機器シリアル#)の管理(設置・使用場所、担当医など)
  • 貸出用代替機、デモ機の管理(自社資産機)
  • 資産分類別の機器管理(audit目的))
  • リース機の管理
  • 獣医用機器の管理
  • パーツの交換履歴、保守履歴管理
  • サービスオーダー管理
  • サービスオーダー登録(オンサイト、引取り、OEM先)
  • サービスオーダー検索(顧客、機器シリアル#)
  • サービスオーダーの進捗、ステータス管理
  • 技術者・サービスマンのアサイン
  • 修理・訪問日の予約、確定
  • 検査カテゴリーの設定・選択
  • 症状カテゴリーの設定・選択
  • 故障部分の写真の添付
  • 修理預り機と同時に預かったアクセサリー類の管理
  • 修理履歴管理
  • 交換修理の場合の責任・売上部署の設定
医療機器製造・販売業で必要となるサービス領域の機能

保証保守契約登録

オンサイト修理

修理オーダー

調査

修理見積

修理