SAP連携ソリューション

Microsoft Dynamics AX
SAP 連携ソリューション

2-Tier(2層)ERPにおけるSAP ERP-Dynamics AX連携

企業グループの本社で稼動する基幹ERP(1層目のERP)と国内・海外拠点や子会社のビジネスニーズに合せた個別ERP(2層目のERP)を連携させる形態を採用する企業が増えています。この形態を2-Tier(2層)ERPと呼ぶこともあります。グローバルに事業を展開する場合の方式のひとつです。

1層目のERPとして、本社コーポレート部門でSAP ERP会計モジュールを利用し、海外拠点では、Dynamics AXを展開する方式はその代表例で、HOYAグループでも同様の方式を採用しています。

HOYAサービスが提供するSAP連携ソリューション

各拠点の個別ERP(2層目)のMicrosoft Dynamics AX から基幹ERP(1層目)のSAPに会計仕訳連携が可能なソリューションです。

HOYAサービスが提供するSAP連携ソリューション

SAP連携ソリューションの構造

下図の構成で連携を実現しています。

SAP連携ソリューションの構造

  • Microsoft Dynamics AXで日々発生する会計仕訳を収集し、SAPに連携します。
  • 複数のレイアウトを定義することができ、各拠点で異なったレイアウトに情報を送信することが可能です。
  • 連携方式は、中間Fileを介したバッチインプットで連携します。