HOYA Voyance Prédicteur

予知保全ソリューション

予知保全サービスを、スピーディに 且つ 低コストで実現!

お問い合わせ

HOYAデジタルソリューションズのソリューションやサービスについてのお問い合わせはこちらから

お問い合わせ

予知保全の今後

これまでの製造機器の保全は、一定の期間でメンテナンス要員が点検し部品交換をすることで行われてきました。しかし近年のIoTの発展に伴い、機器をリアルタイムで遠隔監視し必要なタイミングで必要な部品のみを交換する方法に変わりつつあります。
これにはダウンタイムの削減だけに留まらず、メンテナンス費用の削減(人件費・交換備品費)等さまざまな効果があり、今後もこのような方法が予知保全の主流になっていくと思われます。
 

予知保全の課題

IoTの拡大に伴い、様々なデバイスメーカーやITベンダーが市場に参画してきております。しかしセンサーや通信デバイスのみの販売や、アプリケーション部分のみの提供であったりと予知保全の仕組み全体をサポートできる企業は少ないようです。IoTで予知保全をする場合、そのような中から要件にあったデバイスや通信方法・ITベンダーの選定をすることなります。想定する結果が出ない場合、集めたデータに問題があるのかそれともデータ分析に問題あるのか切り分け、適切な対応をする必要があります。これは、なかなかハードルが高く容易ではありません。
当社ではHOYAグループで培った経験を活かし、予知保全をトータルでサポートします。

 

<予知保全の取り組みで懸念される問題>
①状態監視用のセンサー
 課題1.どのようなセンサー使えば良いかわからない
 課題2.センサーをどこに付ければ良いのか
 課題3.センサーから情報を取得するタイミングは?

②通信ネットワーク
 課題1.通信コストが高く採算がとれない
 課題2.工場内の電波状態が悪く通信ができない
 課題3.通信のセキュリティはどのようにするのか

③アプリケーション
 課題1.集めた情報をクラウド上に置きたいが知見がなくどのような問題があるのか不安
 課題2.予知保全のためのデータ分析方法がそもそも分からない
 課題3.AIによる機械学習でデータ分析を進めたいがノウハウがない


<ご提案内容の一例>
①状態監視用のセンサー
加速度(振動)や圧力・電圧等を読み取るセンサーから、温度や湿度・照度といった環境センサー等、多種多様なセンサーが用途に合わせて製品化されています。当社ではIoT向けセンサーを製造している多数のパートナー企業と協力し、要件にあったものを提案します。また各種センサーと通信モジュールが一体となったデバイスも出てきており、通信の要件ともあわせて考慮します。最終的には、実行環境に沿った場所での実証実験とテストを経てセンサーを選定します。
(※当社ではセンサーデバイスの製造はおこなっておりません。)

②通信ネットワーク
様々な通信技術がありますが、IoT向けの無線技術として定着しつつあるLPWA(Low Power Wide Area)の利用を検討します。LPWAはIoTでの利用をもともと想定しており、「低消費電力・広範囲通信」の無線通信技術です。通信速度や通信量に制限がありますが、自社製品に通信デバイスを乗せたい場合ご要件にあいやすく、非常に低コストでIoT化が実現できます。



③アプリケーション
MicrosoftのAzure上にセンサーデータをアップロードして取り扱う事を提案致します。Azure製品にはデータベースやWebサーバ等の基本的なアプリケーション構築に必要なサービスはもちろんのこと、AI・機械学習のための製品もそろっており、要件にたいして柔軟なアプリケーションを構築できます。またクラウドサービスのため、社内にサーバ等の資産や保守体制を持つ必要はなく、導入コストや運用コストを抑えられます。セキュリティについても、データは設備の整ったデータセンターで管理されており、プロフェッショナルによる最新のセキュリティ環境が得られます。