ウェアラブルEXPO展に、 LoRaWAN対応ウェアラブルデバイスを出展します

 2018.12.25  HOYAデジタルソリューションズ株式会社

【出展概要】

 IoTは通信用ゲートウェイ機器設置・携帯・数の問題によりIoTを本格的に導入する際の課題となっておりました。このような背景よりIoTデバイスの次世代通信方式としてLPWALow Power Wide Area)が現在注目されております。                            LPWAを搭載したデバイスは数キロの長距離通信が可能であり、これまでの課題をクリアするデバイスが出てきております。弊社はいち早く、LPWAの中でも特に扱いしやすいLoRaWANデバイスによる安全見守りサービスを開発しました。

 

【出展内容】

 LoRaWAN対応ウェアラブルデバイスを出展します。

 心拍測定、GPS機能、転倒検知、SOSボタンなどを搭載したデバイスで、通信距離は1km~3kmです。

    LW-360HR (ウオッチ型ウェアラブル)

    LT-501H (GPSトラッカー)

 ・上記LoRaWAN対応ウェアラブルデバイスと連携するクラウドサービス「安全見守りクラウド」を出展します。                                      

工場、プラント、建設・工事現場、トンネル作業、倉庫作業などに最適な安全見守りクラウドサービスです。

   > 作業員の安全管理

   > 転倒や転落などの事故対策

   > 熱中症対策

 

【展示会概要】

 ・期間:2019116日(水)~18日(金)  10:0018:00(最終日のみ17:00まで)

 ・会場:東京ビックサイト

 ・小間番号:W13-50(西2ホール)

 

是非、ご来場くださいますようご案内申し上げます。

 展示会の詳細はこちら