組立系製造業A社 様

Microsoft Dynamics® AX 組立加工系生産管理テンプレート 導入

―生産管理システム・販売管理システム(国内/海外 同時導入)―

導入の背景と改善の方向性

Microsoft Dynamics® AXを採用し、7ヶ月の短納期で海外での新工場の立ち上げに合わせた基幹システムの再構築を実現しました。 可能な限りERPパッケージ標準と弊社の持つ製造業向けテンプレート機能を活用し、業務の見直しを推進しました。

在庫の最適化を推進
在庫の最適化を図る為に、在庫状況をリアルタイムにシステムに反映させて、状況把握の速度と精度を向上させる。

複数のローカルシステムの混在と、継続利用した場合の運用コストの増加懸念
複雑化したローカルシステムを統合して、シンプルな業務システムへ再構築する。

ローカルシステムの技術者確保の困難化
グローバルで技術者の確保を可能とすべく、製品の市場シェアや供給ベンダーを考慮の上で、新システムを採用する。

生産管理・原価管理方式の老朽化
新しいシステムの導入に合わせて、生産管理と原価管理方式の見直しを行う。

システム導入のポイント

  • 複雑化したシステムを統合する、シンプルな構成
  • ERPパッケージとテンプレートに業務を合わせる
  • 短期間で日本と海外の拠点に同時にシステムを導入定

システム導入の効果

  • 在庫の最適化の基礎となる、在庫状況の把握速度・把握精度の向上を実現
  • 複雑化したシステムを統合することで、運用負荷・運用コストの軽減を実現
  • 短期間でシステムを導入したことにより、システムの導入費用を抑制すると共に、旧システムの延長契約で必要となる追加費用の発生を防止することに成功
  • Microsoft Dynamics® AXの採用と業務の見直しにより、迅速性、柔軟性、グローバル対応といった、現代のビジネス環境に見合った社内インフラの構築を実現