ダメなRFP(1)

 2018.07.06  宮下

 これまで多くの案件でRFP(提案依頼書)をお客様からいただき提案してきましたが、あまり良くないRFPが結構多いと感じています。

RFPの良し悪しが最適なパッケージ・ベンダーの選定やシステム構築費用の精度に大きく関わってきますので、基幹システムの構築を計画されておられる企業様には良いRFPを作成していただきたいと思っています。

 そもそもRFPは、新システムに求める要件を明確にすることで、提案して欲しい内容を明確にし、新システム構築費用見積の精度を上げること、複数のパッケージ候補・ベンダー候補から自社にとって最適なパッケージやベンダーを選択できることを目的にしています。

 このような目的から判断して、ダメなRFPについて具体的に説明することにより、望ましいRFPを作成していただけるよう願うものです。

 まず、新システム構築の目的や目標の記載が無い、あるいは、あいまいなRFPはダメなRFPです。

 そもそも目的があって、その目的に沿って新システムの方向が決まるのですから、目的が無いと新システムの方向があいまいになります。つまり、目的があいまいだと、どのような点に留意して、どのような方向で新システムを構築して行けば良いかの基本的な考え方が不明になります。

 また、目的があいまいだと新システムに求める現行システムとの違いが不明確になり現行システムの焼き直しになりがちです。

 業務効率化を図る、情報の精度を高める、情報のスピードアップを図るとか、システムの対象領域を広げる、などの目的が明確になっていれば、見直しの方向は分かるのですが、それだけでは十分とはいえません。目標も明確に規定されている方が望ましいといえます。

 目標により、求められる改善の程度が明確になり、そうすると、根本的・抜本的な見直しが必要なのか、ある程度の改善ができれば良いのか、その施策の考え方が定まるからです。

 これらの目的・目標は、次の段階の基幹システム構築プロジェクトを進める上でも基本となる重要なものですので、RFPを作成される場合は、真っ先に明確にしていただきたいと思います。

 

最新のクラウドERP、Microsoft Dynamics 365についての詳細はこちらから。

 

RECOMMEND関連記事


RECENT POST「ERP」の最新記事


この記事が気に入ったらいいねしよう!