HOYAサービス株式会社 情報システム事業部

  Microsoft Dynamics 365 CRM関連機能の特徴

dynamics365%e3%83%ad%e3%82%b4

 

クラウド型・設置型の両方に対応

 

初期投資を低く抑えられ、サーバ、インフラ保守・運用を含めサポートが受けられるクラウド型と、従来通りサーバを設置し構築・保守・運用を自社で実施する形態の両方を選択可能です。

%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e5%af%be%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%89

当初はクラウド型で短期導入し、データが増えたタイミングで自社設置型に移行することも可能です。

一般的に一定期間を期間を過ぎてデータ量が多くなると、自社設置型のほうがコストメリットが出る場合が多くなります。

Dynamics365では、他社製品では不可能なクラウド型と自社設置型の両方のメリットを享受することが可能です。

Outlook画面でCRMの操作

 

outlook%e9%80%a3%e6%90%ba

標準のWeb画面に加え、ユーザーが使い慣れたOutlookの画面にDynamics365が完全に統合された状態で使用する事ができます。

連絡先や予定表、活動タスクなどもDynamics365と統合され、Outlookの画面中でDynamics365の業務機能を実行することが可能です。

その他、Dynamics365のデータをExcelに抽出したり、Excelワークシートで編集・書き換えたり、Excelからデータを取り込むことも可能です。

使い慣れたMicrosoft Office製品と似た操作で習得も容易で短期間導入が可能となります。

 

プログラムなしでカスタマイズが可能

 

標準的なカスタマイズはプログラムすることなく、画面レイアウト、業務ロジック定義のみで行うことが可能です。


%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%ba

更に深くカスタマイズが必要な場合にも、一般的なJavaスクリプト、.NETベースのカスタマイズとなり、特定ベンダーに依存するリスクを最低限にした安価な構築が可能となっています。

標準的に必要となるデータ項目は営業案件、顧客などの単位でエンティティーとして予め登録されているため、フォームにドラッグ&ドロップするだけで画面を変更し、共有することが可能です。更に全く新規にエンティティーから作成することも可能となっています。この機能により、大学の学生管理など全く標準の業務機能とは関係がない機能を構築することも容易にできます。

 

自由にダッシュボードを作成可能

 

%e3%83%80%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%89

マネージメント用、営業担当者用など、役職・役割に応じて常に確認すべきKPI指標をグラフ化した複数のダッシュボードを自由に作成可能です。

視覚化については標準レポートも多数準備されていますが、更にビジュアル、表現にこだわったPowerBIを使用することも可能です。PowerBIは統合ソリューションとしてDynamics365ライセンスに含まれています。

   
   

Dynamics 365

お問い合わせ